最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版)

  • 35 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 中西孝樹 .

    Download 電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, 電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする 電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐藤登
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • 発売日:  2020年09月25日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660005932308
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    製造業の頂上決戦!

    巨額投資で市場を席巻する中国、韓国企業。世界をリードしてた日本企業は勝機を見出せるか--。

    パナソニック、GSユアサ、村田製作所、ATL、

    サムスンSDI、LG化学、CATL、BYD……。

    次世代革新電池を視野に入れた競争の最前線を徹底解説。


    1887年に屋井先蔵が世界に先駆けて乾電池を発明して以来、日本の電池産業は長く世界をリードしてきた。とりわけ1960年代以降は隆盛期を迎え、次々と新たな電池を開発、生産を開始した。さらに1983年には旭化成の吉野彰氏らが経済社会を大きく変えることとなるリチウムイオン電池の原型を確立。1991年にソニーが世界初の製品化を実現した。

    日本電池産業の輝かしい歴史も、21世紀に入ると様相が変わる。韓国企業が日本勢を追い上げ、2010年にはサムスンSDIがモバイル用リチウムイオン電池で世界シェアトップに立った。近年は、さらに高い性能を要求される自動車搭載用の大型リチウムイオン電池の世界で、中国勢が急速にシェアを伸ばしている。高性能電池の開発、製造の行方は、製造業の頂点に立つ自動車産業の未来をも左右する。世界の環境規制、中国の産業政策などもあいまって、日本の牙城だった電池産業が大きく変貌しようとしている。

あなたも好きかもしれません

電池の覇者 EVの命運を決する戦い (日本経済新聞出版) by 中西孝樹 ダウンロード PDF EPUB F2