最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

日御子(上) (講談社文庫)

  • 74 読みたい
  • 58 現在読んでいるもの

発行元 帚木蓬生 .

    Download 日御子(上) (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 日御子(上) (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 日御子(上) (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 日御子(上) (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日御子(上) (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  帚木蓬生
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  日御子
    • 発売日:  2014年12月12日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000019522
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    代々、使譯(通訳)を務める<あずみ>一族の子・針は、祖父から、那国が漢に使者を遣わして「金印」を授かったときの話を聞く。超大国・漢の物語に圧倒される一方、金印に「那」ではなく「奴」という字を当てられたことへの無念が胸を衝く。それから十数年後、今度は針が、伊都国の使譯として、漢の都へ出発する。

あなたも好きかもしれません

日御子(上) (講談社文庫) by 帚木蓬生 ダウンロード PDF EPUB F2

邪馬台国の卑弥呼の話かと勘違いして買ったので残念でした。
卑弥呼は下巻にサラッとでてきますが。
上巻は全編、いかに中国や韓国が進んだ文化を持っていたかという話でした。