最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて

  • 10 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 奥津典子 .

    Download マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて 本 Epub や Pdf 無料, マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて, オンラインで書籍をダウンロードする マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて 無料で, 本の無料読書 マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだてオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  深澤 暁子
    • 発売日:  2015年09月25日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000001538
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    **※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。**


    (前書きより)

    ベースカフェは、吉祥寺の古いビルの3階にあります。その場所は、キャバレーの控え室や、理科の実験室、「floor」(フロアー)という格好いいカフェだったり、いろいろなことを経験してきた空間です。その空間の中で、私たちはマクロビオティックを原点に、基本となる玄米ご飯と味噌汁を一番の軸として、野菜、豆、海草などを使い、季節にそったおかずを作って、お客様にお出ししています。その中でも、日々のおかず作りに大切なのがソース。ソースによって、個性の違う野菜や素材がつながり、それぞれの持ち味が引き出され、ひとつの料理にまとまるからです。


    この本では、いつもお店で使っているソースと、そのソースを使ったおかずをご紹介しています。ごはんにかける、野菜と和えるなどの簡単なものから、シチューに加えたり、グラタンにしたりと、ソースによって料理は無限に広がっていきます。野菜の味をいかすために料理自体は簡単ですが、野菜料理ではこの簡単こそが一番のおいしい料理法だと思います。


    何より大切なのは、自分で作ったものはおいしいということです。野菜や豆の煮える香り、鍋のコトコトという音…。時間に追われる日々の中では、この時間こそがとても贅沢なひとときです。その時間も味として、一緒に楽しんでいただけたらと思います。

あなたも好きかもしれません

マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて by 奥津典子 ダウンロード PDF EPUB F2