最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

死のオブジェ 〈キャシー・マロリー・シリーズ〉 (創元推理文庫)

  • 78 読みたい
  • 20 現在読んでいるもの

発行元 キャロル・オコンネル .

    Download 死のオブジェ 〈キャシー・マロリー・シリーズ〉 (創元推理文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 死のオブジェ 〈キャシー・マロリー・シリーズ〉 (創元推理文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 死のオブジェ 〈キャシー・マロリー・シリーズ〉 (創元推理文庫) 無料で, 本の無料読書 死のオブジェ 〈キャシー・マロリー・シリーズ〉 (創元推理文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 死のオブジェ 〈キャシー・マロリー・シリーズ〉 (創元推理文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  キャロル・オコンネル
    • 訳者:  務台夏子
    • レーベル:  創元推理文庫
    • シリーズ名:  キャシー・マロリー・シリーズ
    • 発売日:  2017年09月29日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4741950800000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    マロリー最大の危機!

    過去に秘められた余りにも哀しい真実とは?


    画廊で殺されたアーティスト。胸の上には一枚のカードがタイトルのように「死」と告げていた。NY市警には、同じオーナーの画廊で12年前に起きた猟奇殺人事件との関連を示唆する手紙が届く。切り刻まれ、オブジェとして展示されたアーティストとダンサーの死体。捜査を担当したマーコヴィッツは、容疑者の自白を信じていなかった。マロリーの再捜査は関係者たちの秘密を容赦なく暴き、閉ざされた過去をこじ開ける。娘の死と同時に失踪した画家の行方は? 膨大に遺されたマーコヴィッツのメモが指し示す真犯人は? 伏魔殿のようなアート業界に踏み込んだマロリーに、市警を牛耳る何者かの捜査妨害が……シリーズ第3弾!/解説=穂井田直美

あなたも好きかもしれません

死のオブジェ (創元推理文庫) by キャロル・オコンネル ダウンロード PDF EPUB F2