最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫)

  • 86 読みたい
  • 88 現在読んでいるもの

発行元 平岩弓枝 .

    Download 新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  平岩弓枝
    • レーベル:  文春文庫
    • シリーズ名:  新・御宿かわせみ
    • 発売日:  2019年01月04日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000004821
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    一生に一度は行きたい、「お伊勢まいり」!

    「御宿かわせみ」&「新・御宿かわせみ」シリーズ通算40巻目にして、初の長篇小説。


    東京が江戸と呼ばれていた時分から続いている大川端の旅宿「かわせみ」は、今年の春早々の大嵐で屋根瓦を吹き飛ばされるなど甚大な被害を受けた。

    しばらく休業を余儀なくされた女主人るいのもとに幕末に非業の死をとげた畝源三郎の妻・千絵が訪れ、長助やお吉とともにお伊勢まいりに誘われた。

    品川宿に集まった十数人の一行は、東海道から箱根の関所、富士川とのどかな街道風景を眺めながら慣れない旅を続けたのだが……。


    道中で次々に起こる怪事件!

    「かわせみ」の歴史に影を落とす悲劇の真相に迫る、ファンならずとも興味尽きない一冊。

あなたも好きかもしれません

新・御宿かわせみ6 お伊勢まいり (文春文庫) by 平岩弓枝 ダウンロード PDF EPUB F2